エルトリア人によってつくられた町、ヴィテルボ。 ジャックラッセルやんちゃ系小型犬飼い方実践ルポ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルトリア人によってつくられた町、ヴィテルボ。 
次は、トゥーシャの中心地ヴィテルボViterboへ。
トゥーシャTusciaって、聞いたことあるような、、素敵な響き~。。
テヴェレ川の西、現在のラツィオ州の北の境にあたる地域のことだすって。
数千年前からの古い歴史を持ち、かつてはエトルリア人勢力の心臓部。
ヴィテルボは、その中でも13世紀初めまで行政の中心が置かれ、
多くのローマ教皇が居住していたとっても古い一角。
ラツィオ州の中で中世の面影が最も良く残る古き良きイタリアだそうです。
(京都みたいなもの??)

viterbo26.jpg


旧市街は、城壁にぐるりと囲まれて、出入りは7つの門だけ。
その中に、歴史的、芸術的に価値のあるモニュメントがたくさんあります。
(門はどこもフリーパスです)

viterbo27.jpg


細い路地だらけ。やっぱ、京都だわ。ずずーっと歩きました。

viterubo24.jpgviterbo22.jpgviterbo10.jpg


途中の交差点ですごいクラクションが。何事かと見ると、
風船をいっぱいつけたトラックから花嫁&花婿が車に乗り換えるところ。
二人が車に乗ると、お友達の車が何台も列になってクラクションを
鳴らしながら去って行きました。
花嫁さん見ると、なぜか得したような気分になります。

viterbo9.jpg


普通にワンコも歩いていました。イタリアでは、日本と変わらないくらい
ワンコをいっぱい見ました。。それはまた明日のお話で。

viterbo21.jpg


やっとこさっとこ、町の中心のサン・ロレンツォ広場到着。
この、「法王の館」はヴィテルボ・ゴシック様式の最高峰。
この回廊を飾る装飾アーチが、ヴィテルボの象徴だそうです。

viterbo14.jpg


テラスを登るとこんな見晴らし。左側には生活感のある住居が見えたりする。。で、ベンチかなと思って子供達が登ると、首ちょんぱな銅像だったり。。イタリアって。。

viterbo20.jpgviterbo19.jpgviterbo18.jpgviterbo15.jpg


ヴィテルボは、噴水の町。そして、シンボルマークがリオーネ(ライオン)さん。「法王の館」左側の「サン・ロレンツォ大聖堂」Cattedrale di San Lorenzoも同じく町のシンボル。12世紀に建てられたそうですが、中も広々と美しい教会でした。

viterbo16.jpgviterbo17.jpg


もちろんショッピング通りもあって、トラットリアも点在。
クーちゃんは普段は日本語ですが、お腹がすくと「マンジャーレー、マンジャーレー~~」言い続けます。うちの子達が最初に覚えたイタリア語はマンジャーレ(ごはん)。街の会話を聞いてると、かならず「マンジャーレ」言ってるんです。アモーレ(愛する)、カンターレ(歌う)、マンジャーレ(食べる)の国と聞きましたが。本当でした。

viterbo13.jpg

ハナコちゃんのお気に入りが「ウサギのローズマリー煮込み」
タローくんのお気に入りが「カルボナーラ」
イタリアの人は「カルボナーラ」特に好まないようなのですが、ガイドブックに
日本と違うから食べてみるべしなんて書かれているため、日本人が頼むメニュー
になっているらしい。ローマでは顔を見るなり「カルボナーラ?」なんて言われます。
でも、たしかにクセのあるハーブとか使っていないので子供にも食べやすいのです。。
オーダーするの悔しいんだけど。。

viterbo11.jpg


城壁に到着して、この街とサヨナラです。
ゴシックの潔癖さみたいなものを感じさせる場所でした。
(トラットリアはすべての額が曲がってゴチャゴチャでしたがw)
700年も待ってくれていたこの街に、次はまた何年後に会えるのかな。。

viterbo25.jpg






にほんブログ村 犬ブログ <br />ジャックラッセルテリアへ ←明日は犬だ!

ペットリンクス
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lushspine.blog115.fc2.com/tb.php/310-f7b50485
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。