トイレのしつけ ジャックラッセルやんちゃ系小型犬飼い方実践ルポ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トイレのしつけ 
[子犬編]
1、なにはなくとも、まずトイレ。
ショップやブリーダーにどのような方法で排泄させていたのかを聞いておく。同じペットシーツ(新聞紙かも。)を使う。子犬は目覚めるとすぐにおしっこをするので、なるべくベッドの近くにトイレを置く。

2、到着したら、まずトイレ。
初日はすぐにトイレに連れていき、排泄するまで待つ。「シーシー」(おしっこのコマンド)と教え、おしっこ中は「ワンツー、ワンツー」と言う。おしっこが出たら褒める。一度その場所にニオイがつけば、次からもそこで自然と排泄するようになる。

3、トイレは常に清潔に。
犬はキレイ好きなので、トイレが汚れていると他の場所に排泄しようとする。また、食糞というショッキングな行動も珍しくないそうです。とにかく排泄したらすぐかたす。でも、トイレにニオイは少しあった方がいい(?)らしい。。

4、トイレのサイン。
突然くるくる回りだしたり、おしりを床に擦り付け出したら排泄のサイン。すぐにトイレに連れていって、「シーシー(家族で統一。おしっことかうんちとか違う言葉は使わない)」と言葉で促しながら排泄が済むまで動かさない。できたら褒める。遊ばせる時間が長過ぎると失敗の原因にもなるので注意。ちなみに子犬のトイレは、朝起きたら、散歩行ったら、ご飯食べたら、水飲んだら、遊んだら、、と頻繁らしい。

5、失敗したら。。
ソソウをしても現行犯でなければ叱ってはいけない。(時間がたつと何で叱られたかわからない)また、むやみにしかると、排泄行為がいけないものと思い込んで隠れた場所でするようになってしまう(こわ~)。ソソウをしているところを発見したら速攻「イケナイ!」叱り、子犬の鼻先をその場所に押し当てる。(あまり強い力では押さえつけないように)その後、トイレに連れて行き、できたら「えらい、えらい」と大げさに褒める(女優?)。そして、飼い主はすかさずソソウの後始末に走ります。ニオイが少しでも残っていると、子犬はその場所をトイレと勘違いしてしまう(デンジャー!)。痕跡残らず洗剤&消臭剤でせっせとお掃除(トホホ)。

[成犬編]
1、庭があるなら、成長に応じて屋外でトイレができる訓練を。
一日の排泄回数が減ってきたと感じたら、始める。庭の一角をトイレの場所と決め、寝覚めた後、食事の後、散歩の後、とタイミングをみて連れて行きます。(1歳半のコーギーは朝と夜の二回しかしないそうです)ニオイのついたトイレシートの端を置き、「シーシー&ワンツーワンツー(トイレのコマンド)」で排泄が済むまでは動かさない。終わったら遊ばせず、すみやかに家へ戻る。散歩とトイレのケジメを曖昧にさせないのがコツ。できれば、雨の日はペットシーツでできるように、そのクセも残しておいた方がいいとのことです。(断固として外でしかしない!となりがちなので)

2、あちこちの電信柱にかけるのはマナー違反、らしい。。
散歩の途中でトイレをさせる場合は、なるべく通行人に迷惑がかからないような場所を選び、その決まった場所でのみ排泄させるようにする。子犬がトイレのタイミングを覚え、それまで我慢できるようになれば成功。水道水入りペットボトルを持参して、おしっこを流すのも今や常識!?
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lushspine.blog115.fc2.com/tb.php/18-dbaef597
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。