2ヶ月 ジャックラッセルやんちゃ系小型犬飼い方実践ルポ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サークル飼いから部屋飼いへ/18日目(生後2ヶ月30日) 
私や子供に噛みつくことのなくなってきたラッシュ。子供に飛びかかった時は「ノー」と言えばすぐにやめるし、怒られることも少なくなりました。それで、昨日あたりから出かける時以外はサークルから出してあげられるようにもなりました。家の寝室は布団を敷いて親子四人で川の字になって寝るんですけど、その禁断の寝室にもはじめて行かせてみました。そうしたらすごく喜んで、皆の顔をなめまくっていました(最近齧るじゃなくて、舐めるということも覚えてくれました。でも、固いひげ面でガツンとぶつかってくるので痛い時多し)。子供達もタオルケットの中に隠れると、ラッシュが一生懸命もぐろうとしたりして、一緒に遊ぶことができて楽しかったみたい。家族の食事中はみんなの足なめに来たけど相手してくれないと一人であっち行って遊んでる。長男が床に座っていると、ガムを持ってきて長男の膝に座って寛いでガジガジしたりなんかして、長男感激! ストレス発散はもっぱらパパと。パパを見るや、遊ぼう!(齧りっこしよう!)と走っていって、パパもすんごい盛り上がってお相手。ラッシュが強く噛んだ時は、もうぜんと叱って首を噛んでビビらしている。そのおかげで、甘噛みも上手になってきているらしい。歯があたっただけで怒った方が良いと言う人と、ある程度は相手をして「グッ」と力を入れてきたら怒ると加減を覚えてくれると言う人がいるので迷っていました。全部拒絶して甘噛みを覚える機会を与えないのもどんなものかな、と。かといって、噛まれたくないし。そしたら、子供や犬と遊ぶのが大好きなパパが相手してくれていたので、よかったかも。私と子供達には飛びついたり噛んだりしないで、パパだけは唯一オーケー、とラッシュも学習している。パパも楽しいみたいだし。そういう意味では、ジャックは一人暮らしの人には不向きかもしれませんね。なんだか煮詰まりそう。色んな役割をしてくれる家族と触れ合うことで、様々なことを学んでくれる気がします。 いつも朝10時にはお昼寝なのでどうするかな、と思っていたら、ラッシュのお気に入りの場所、ハナコの椅子の下で眠っていました。かわいい!でも、サークルの中と違って安心感がないようで、ちょっとした物音で起きてしまいます。パピーを病気にしてはいけないと思い、一端サークルに入れて眠らせてあげました。午後は出かけたのでそのままサークルに。5時頃帰ってきて、サークルから出し、多分パワー全開だろうから、はじめての歯磨き用ガム(グリニーズ?)をあげてちょっと発散させてから、抱っこ散歩。もう、なんで僕だけ歩かせてくれないんだ~!と暴れる、暴れる。長男にフードを持たせて、近寄った時に暴れなかったらフードをあげる、を繰り返したら若干いい子に。ドッグランに7ヶ月のジャックラッセルのブロークンがいてお話しました。お母さんと中学生くらいのお姉ちゃんと来ていて、やっぱり3ヶ月くらいはすごく噛んでいたけど、お散歩に行くようになって楽になった、と。お散歩は一日二回なの?とお姉ちゃんに聞いたら「いえ、一回なんです。本には二回って書いてあるんですけど。。」と申し訳なさそうにおっしゃっていました。一回でもなんとかなるんだ。。(いやいや、ちゃんと二回しますってば!!) あと、部屋飼いで唯一困ったことは、ラッシュがソファーから降りられないこと。そのくせ、つい助走つけて乗っちゃうもんだから。おしっこされちゃいました。TIME&STYLEのソファに。。降りられなかったのね。。
*追記:後にパパが甘噛みさせることはいけないということがわかりました。注意です。

mimeisu.jpg
食べこぼしのいいニオイがするので、ラッシュはハナコの椅子が大好き。ここでお昼寝していました。でも、シャッターの音ですぐ目がさめちゃった。ごめんよ~。

スポンサーサイト
 
Parsonさん
ありがとうございます。ブログ拝見しました。B.B.ちゃん、白いジャックだなんて通ですね。ラッシュも体型がパーソンくさい(あっ!だからハンドルネーム、パーソンなんすか!?)んです。日本ではパーソンラッセルもジャックラッセルとして売られていたりするそうで、、きょわい~。でも、B.B先輩のようにお利口に育つといいな。今後とも、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

 
hanaさん
ありがとうございます。史嶋さんは支持者が多いですね。私もたまたまヒットしたことがあり、熟読させていただきました。ワクチン前にドッグラン行かなきゃ!みたいな。でも、それは素人には危険すぎるし、ドッグランで病気のおしっこやうんちのニオイ嗅いだら一発だから、やめた方がいいと止められました。。犬が教えてくれるわけじゃないから、人間が勝手に考えた色々な説があるけど、とにかく全部知っときたい! 育児の時もそうだったんですけど、情報大好き。子供産んだ時は助産婦になろうかと思ったくらい。せっかくパピー育てるんだから、今しかできない勉強するのが楽しくってね~。もう、ドッグトレーナーを目指すしかないか。ジャックいっぴきまともに育てられてませんけど(笑)。
 
Parsonさん
ありがたや~。弱い乳歯をこんなにひっぱっちゃって大丈夫かと心配だったんです。しかも、ひっぱりっこがダメとなると、ラッシュはストレスを解消する術がなくなってしまうので。もうこれで、心置きなくひっぱりあいたいと思います。服従訓練ってなんですか? あと、骨折に注意ですね。いつか、やると思う。保険入っとかなきゃ(そういう問題じゃないですね)。ひづめはどうですか?よくないらしいと指摘を受けたんですが、ドッグスクールで聞いてくるのを毎度忘れるアホなもので。とってこい!は英語でなんて言うんですか? 家はこれは苦手で、ボールとか投げるとダーッと追いかけて「よし!」って感じで手ぶらで帰ってきます。「あれ取ってきて」って言うと、その指をガブッだし。。2歳のワンコはパピーの時撫でさせてくれるコでしたか?質問ぜめですみません。。しかし、死ぬまで絶対に信用してはいけないって、、どないやねん!
闘う男/16日目(生後2ヶ月28日) 
今日は結構外に出てました。サークルに入れたのは、洗濯物たたんだり、PCしたり、外出したり、そろそろお昼寝かな、の時くらい。立ち入り禁止のキッチンにドア開けるたびに滑り込もうとしたり、子供に名札付けようとするとジャンプしてきたり、娘のパンツやシャツの裾のぴらぴらした紐に反応して噛みに行ったり、かなりうざいはうざいんですけど。家族が食事してても冷静な態度で、わりとお利口でした。調子に乗って子供に飛びついた時は、サークルの中に入れるふりをすると静か~に反省。「この手噛んだら中入れるから、噛んでみろホレホレ」と彼の目の前に手をピラピラさせると、ここで負けたら入れられる!って感じで目をそらして口をギュッとつぐんでいました。しかし、おバカぶりは健在で、今日は娘のヘアブラシと、自分の口から出したジャーキーと闘っていました。ヘアブラシはハリネズミと間違えたのでしょうか。初めて「ワン!」と犬らしく吠えて、飛びかかったり、牽制したり、噛もうとした瞬間怖くてヒャ~ッと逃げたり、長時間にわたって楽しんでいました。ジャーキーは、もう何日ごしのスペシャルフードとして歯や耳に触る練習のときなどにチビチビ齧らせていたんですけど。もう手に持っていられないサイズになったので、食べていいよ、とあげたものの。。しばらく嬉しそうにカミカミしていたんですけど、「んっ!?噛めない!?」と思ったのか、得体の知れない食べ物を口から出して、飛びかかり、またもや闘っていました。 どうした~? ジャーキー、生きてたか~?? おもしろいからいいけど、別に。
brush.jpg
ハナコの大切なアリエルのヘアブラシ。見つかったら、怒られるぞ~。

jaakii.jpg
ウンチではありません。ペーしたジャーキーと肉弾戦を繰り広げているところです。
 
hanaさん
たしかに。その子の個性や月齢でも躾法って違いますよね。二頭いるとそれだけ悩みも深い訳ですね。でも、二頭で遊べることのメリットも大きいと思います。可愛がる(手間暇かける)ことを忘れなければ時が解決してくれるんじゃないかと、信じているんですけどね。あと、お子さんに対する策としては、あくまで私の躾教室の流儀ですが、食事のフードを躾用に少し分けておいて子供の手から食べさせるといいみたいですよ。マウズィング(甘噛み抑制学習)になると同時に、子供のことが好きになり、噛んだりすることもなくなっていくそうです。もう、とっくにやってるかな。。テレビはあいにく見逃しました!どんな感じですか?Candyちゃんの月齢になった時のいい方法もあったら教えてくださいね。
 
hanaさん
しつけ法って色々な説があるので(まだ実験段階なんでしょうね)自分の信じる道で行くしかないのですが。。躾教室では、ラッシュみたいな子はひっぱりっこでとにかく発散してやれということです。私も何かの本で「取った方が主人になるので、あなたが強いことをみせましょう。しかし、いつも取られてばかりだとやる気をなくすので、たまにはとらせてあげて。そして、最後には必ずあなたが取るのを忘れずに」というのを読んだので、子供にもかならず負けないように教えています(ラッシュはたとえ負けてもひっぱりっこが大好きなので)。躾教室のやり方はもっとスマートで、終わらせたいときは、そのひもをぴたっと自分の脚か地面につけて動きを止めるんです。すると、ラッシュは「死んだ!」と思って口を開きます(アホなので、常に躾教室のお手本犬となっています)。先生は、その一瞬のすきにおもちゃをとりあげています。私自身はフィーバーしているラッシュの口元に手を持っていくこの方法は怖くてまだ試したことはなく、ひたすらブンブン振り回してむしり取っています。(床やソファーの脚にしょっちゅう体をぶつけて骨折?と思うほどですが、痛くもかゆくもないみたい。すごい焦るんだけど。。)そうやって発散してあげると、ひもを見せても「今やりたくないよ~」って感じになる。そして、激しく遊んだあとは、しつけの時間にするとか、ゆっくり膝でガムを齧らせるとか、静かな時間を作ってクールダウンさせるというメリハリが大切とのことです。子供に飛びついた時の正しい対処法は、次回のレクチャーデーが16(日)なので、その時に聞いてきますね。

たかひろさん
鼻や口を狙うとは、ビビちゃんもけっこう悪ですね。でも、育児って毎日変わっていくから楽しいんですよね。ジャックは本当にめまぐるしく、おもいろです。色んな意味で。。がんばりましょう!
パピーと子供/15日目(生後2ヶ月27日) 
幼児のいる家庭ではジャックラッセルを飼うのは難しいと言われます。飼ってみて思ったのはやはり、小学1年生以上の子供じゃないと無理だな、ということです。小1の長男は、ラッシュを抱っこしてお散歩に行く(もちろん付き添いつきですが)こともできるし、多少飛びつかれてもキャーキャーした声を出すこともない。むやみにラッシュを挑発することもないので安心して見ていられます。たいして3歳の娘は、立ってフードを持ってもラッシュに届いてしまう高さなので、常に万歳をしないと飛びついてきたりする。ラッシュも落ち着いてきたかと思うと、突如スイッチが入り「遊ぼう!」と飛びかかってくることがあるので、高い椅子に避難したりしています。それでも、彼女がラッシュのことを嫌わないで遊びたがるのは、ひとえにお兄ちゃんの真似をするのが大好きな気の強い子だからだと思います。前は二人ともソファの上にいれば安全だったのですが、ラッシュが乗られるようになってからは、ヤバそうな時、立ってたりします。。フードでしつけの練習をしている間は3歳の娘のことが一番好きで、彼女のところでずっとお座りしてもらっていたりするし、悪気はないんです。パピーはただ子供と一緒に遊びたいだけなんですよね。でも、子供がケガしてからでは遅いので、子供に甘噛みしようとした時はママがハウスに入れてしまいます。人間では遊んじゃいけないんだよ。おもちゃでいっぱい遊んであげるから我慢してね。そういえば、乳歯の方が痛いんですってね尖ってて。永久歯って痛くないんだ! でも、生え変わっておバカかなままでも困るけど。。

toma1.jpg
ジャックラッセルのこの姿が見たかった!フード命の僕はSitの名人です。

mime1.jpg
こんな風にラッシュと遊べる日がくるなんて。娘の方も怖がらずにガムを持っていることができるように。

mime2.jpg
しか~し、スイッチ入るとこれですわ。二人とも耳の当たりをやられるんです。でも、痛くはないと言うから不思議。

今日のウンチ:6:00,10:30(朝食関係なしで朝一と10時頃だな)、15:00(しつけ兼昼食後?)
チャリ散歩失敗/14日目(生後2ヶ月26日) 
抱っこ散歩は重いし暴れるしで大変なので、自転車の前カゴに乗せてみました。なんせ、ヤツは5日程前から助走をつければソファに乗られるようになったのですが、降りることができないので。前カゴにピッタリサイズのバッグを入れてバスタオルを敷いてフードを入れて準備は抜かりなく。ところが、フードを食べ終わると、ラッシュ君は動く自転車から飛び降りたのです。焦ったよ~。一瞬リードで首宙ぶらりんだもん。だが、苦しい様子もなくこれ幸いに歩くのを楽しもうとする彼。慌てて抱き上げました。なんでソファだと降りられないくせに、あんなに高い自転車から飛び降りるんでしょう。それだけ、散歩が魅力的ということか。。自転車作戦失敗です。
今日のウンチ:夜中パパが起きてきて、6:10ママ起床後、11:00遊んだ後サークルに入って、14:30昼食後、19:30夕食後ペットシーツ替えたら/ 体重2.8kg , 首回り23cm、頭からお尻まで35cm、高さ26cm

sofa1.jpg
ソファから降りられず、神妙にしてます。



ジャックだけじゃない!/11日目(生後2ヶ月23日) 
サクラパパありがとうございました。このマークが欲しくてジャックラッセルテリアファンクラブhttp://www.jfcj.net/に入会しました。「入会金無料!そこのあなたもいかが?」宣伝しときました。いい会員でしょ!?  今日は子供のお友達が来て大騒ぎ。ラッシュはどうするかな?と思ったら、赤ちゃんがサークルに手を伸ばしてもシカトで眠りまくっていました。ラッシュは子供への免疫はかなりついているんじゃないかな。。そして、このブログでは相当愚痴をこぼしてJRTファンの方には「レスキュー行き?」くらい思われてそうですが、結構うまくいっているんですよ、私達。ラッシュは私に常にラブラブ目線送ってくるし。一日一日、言うこともわかるようになっていると感じます。「ダメ!」と男声でいうと、「ごめんなさ~い」と走ってくるし、足にガブッもなくなった。それと同じように、私の方もラッシュのことがわかってきて、ペットシーツ替えたいけど、ラッシュそろそろおしっこかななんて時、フレームからシーツをはずしてそのシーツをトイレ場所に再びじかおき、その間に新しいのを装着してると、案の定ラッシュは古いシーツにおしっこをしてる、なーんてこともできるようになりました。感動! いっぱい遊んであげるけど、甘噛みは子供も震え上がるくらいの男声でピシッと叱り、スキンシップも怠らず膝の上でガムがじがじさせながら撫でてあげるし。かなり優秀なトレーナーだと思うんだけど。(職業柄マニュアル好きだからね。。)ただ、いきなり撫でようとするとガブッなのよね~。かなり力は弱めてくれているようだけど。手がひらひらしてると「遊んでくれる!」モードに入るようで。。家には3歳の子がいるので、ダメなものはダメと徹底しないとね。でも、やっぱり、噛んで挨拶したいんだろうな、子犬だもん。早く犬と遊ばせてあげたい。ドッグランは雑菌だらけでやっぱり危険らしいんです。ワクチンまで我慢ですわ。と、なんだか、ちょっぴりポジティブな今日の私。先程ドッグランまで抱っこ散歩に言って、ダックスとパピヨンの飼い主さんとお話したんですけど。そのお二人とも甘噛みには手を焼いたというお話を伺ったんです。パピヨンの方は、それこそ、血だらけになりしつけ教室に通ったと仰り、ダックスの方も「ダックスはしつけ大変なんですよ。ジャックちゃんも元気ですよね」と仰る。なんだか、愛犬家の方はみんな涼しい顔して散歩しているけど、やっぱり犬を飼うってそれなりに大変なことなんだな、と思って。(その子の性格もあるでしょうけど)別にジャックだけじゃないじゃん!そう思うと、なんだかちょっぴり気が楽になりました。「飼いにくい」とか「飼ってはいけない」とか、ちょっとネガティブイメージ植え付けられすぎているんじゃないかな。まあ、たしかにあのパワーには引きますけど、ね。
今日は夜中のウンチなし!朝5時私の起床で起きてウンチ。あとは10時と17時。
 昼間はほとんど寝ていました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。